カテゴリ:社会性



聴覚過敏 · 2019/04/02
SSPの説明をイメージにしてみました。聴覚過敏、選択的注意が変化したり、社会交流システムに直結する脳神経(X:顔面神経, VII:迷走神経)に働きかけ、言葉にする前の生理的な状態が変わります
お子さんの遊びのレベルから社会性の根っこ、対人関係を築く力を段階に分けて考える。ソーシャルシンキングからの紹介です。専門家が具体的な観察ポイントとして使えます。要は参照がちゃんと起こるようにならないとお友達と遊んで社会性を身につけることができない、ってこと。RDIでは当たり前のことなんです