SSPとトラウマケア

 無意識の領域でSSPが動いているかもしれない、というのが

覚えておいていただきたいこと、

 

そして、これらのあちこちを結ぶ迷走神経複合体は... 

「安心・安全」のサインを Safe & Sound Protocol™️から受け取って

扁桃体が落ち着いた時、

 

感覚ー感情ー思考や記憶

 

のそれぞれの動きが本来のものとなり

 

・脳と体の連動・つながり・動きが戻る

・左脳と右脳の連携がスムーズになる

・発達・認知・記憶・思考・創造性に関わる神経システムのつながりが増す

 

と考えています。

 

逆に扁桃体が「生存の危機モード」であるために

症状が生じる

=感覚→感情→思考・記憶・前頭前野の動きが抑制されている

=神経システムのつながりが抑制されている

 とみることもできます

 

▶︎成人ケース例動画での説明

 をリンクからご覧ください。

 

お子さんの医療トラウマなど幼少期の経験に関係することについては

SSPとバーストラウマをご覧ください。

SSP-SEGANモデルをお薦めする理由:SSPとトラウマ

 

ポージェス博士は、当初よりトラウマについてSSPの研究を並行して進めており

生理的データでトラウマのケアを効果的に進めるプロセス、色々なモダリティと連携・サポートしています。

 

理論とトラウマの関係については

基礎的理解のためにまず

 

ポージェス博士のNPO Polyvagal Instituteによるこちらの動画でご覧いただけます。

そのままだと英語字幕しか出ませんので、こちらのページを下方へスクロールして日本語字幕を出す方法もお役立てください。

 

SSPを提供するプロバイダとなるためのトレーニングは

ポージェス博士の他に多くのSSP臨床家が

大切なことをレクチャーしています。

 

その一人がSSPとトラウマケア融合の第一人者ですが

その方をご紹介する前に...

 

1) ロン・ミンソン博士

 

トラウマケア根っことなる報告は ポージェス博士とSSPを開発するに至った

iLs 統合リスニングシステム創始者、ロン・ミンソン博士。

 

お子さんのディスレクシア、うつ治療に同行し

サウンドセラピーを自分も共に経験

 

当時「トラウマ」という言葉で定義されてはいませんが

 

「長年蓄積していた苦痛を解放」

「30年間胃に感じてきた緊張のかたまりも消えた」

 

(pp504-505 「脳はいかに治癒をもたらすか」ノーマン・ドイジ 邦訳は2016

, 原著は2015)

 

睡眠パタンや質、感情表現・集中力が圧倒的に改善した例として

私が最初に出会ったケースでした。

 

もちろん、サウンドセラピーを経験したお子さん自身

セラピー初日から始まる睡眠改善や感情・表情の解放などの変化・効果を重ね、

集中セラピー後は

自傷・自殺企図・重篤なうつ状態は消失、

 

文字・数字の理解・数的理解に問題がなくなり自信を回復、

就職して社会人として自分の才能を開花させています。

 

ミンソン博士はこの経験を経て渡仏、

トマティスの元で10年働きます。

 

帰国して、iLs統合リスニングシステムを創設

 

2019年 SSP Gatheringでミンソン博士にお会いした時

直接、トマティスとiLsの関係を質問してみたところ

 

「だって、僕はトマティスで仕事したんだよ」

 

と笑顔でした

 

 

2)わたし自身

 

iLs統合リスニングシステム、フォーカスシステム

 

Optimal Performanceリスニング 20回経過した頃

感覚運動+Movementを子供と結構やっていた時期

 

大学時代のトラウマ(だったのかと後から気づく)

記憶の奥に押し込めていたもの

感情を伴って

ふーっと出てきて、

「あれはこういうことだったんだ...」と昇華

 

これがミンソン博士の言っていた現象か?と

不思議に思ったのが最初、2016年です。

 

2020年コロラド州、Anaを訪ね、SEGANワークショップを体験

 自分自身の発達性トラウマのvoltex浮上

 

前後に

 

家族の希少がん末期治療...日本の保険医療の限界に直面

ベストを尽くそうとするも家族間軋轢

SSPでがん闘病中のうつ症状は少し改善する

別の家族のうつ・休職・発達障害疑惑、一層事態が膠着・混乱

stage4のガンの寛解はならず、家族が亡くなる

子供のPTSD症状

 

もからまっていろいろありました。

 

 

コロラドから帰国後、SSPリピートした時期

呼吸プロファイル分析で

「靖子、トラウマがあるんだね」

と指摘あり。

 

当時は、家族全員のSSPー呼吸プロファイル研究をしていました

 

米ーインドー日本でデータをシェア、話し合いつつ

craniosacral therapyを追加してみたり...

 

そこに自身のがん治療

 

オペ後麻酔・鎮痛剤が切れたままで苦しい夜間病棟

呼吸エクササイズが痛みを変えた経験

 

SSPで展開する大事な回復過程を

 

米国在住AEDPセラピストがずっと支えてくれました

 

約1年の経過を経て、

 

目が覚めたような気づきは重層で沁みる

本来の意志と方向性・エネルギーを取り戻す旅でした。

 

追ってAEDPのトレーニングを受け

即座にAEDPをカウンセリングだけでなく

SSPセラピー・専門家トライアルへ取り入れ始めました。

 

 

 

上のyoutubeクリップは

Somatic Experiencing Internationalのサイトより。

 

Ana Do Valleが子供の医療トラウマ治療・防止について

語っています。英語字幕が出ます。

日本語自動翻訳を併用してご覧ください。

 

3) Ana Do Valle ・SSP-SEGAN®︎モデル創始者

 

・アメリカ・コロラド州のセラピスト 

 Ana Do Valle, OTR, SEP(Peter Lavineの助手を長く務める)


 *Antholoposophy Therapist
 *Brain Spotting,、EMDR ほか

 *iLs統合リスニングシステム 

  などを融合したモデル、SEGANを開発

 

 1000ケース以上のSSP+SEGANでの改善ケース報告
 SSPを聴きながらセラピストと共に行うユニークなセラピー

 です。2022年8月アメリカで商標登録されたとのこと。

 

 10月から、コロナ禍でオンラインだけとなっていたワークショップが

元通りのin-personで再開しています

 

 

PYC子育てラボでは、2020年コロラド州、iLs統合リスニングシステム本部と共に

Anaを訪ねワークショップを体験


以降、SSP-SEGANモデルを適用し続け

 

・mTBI

・うつ・引きこもり

・トラウマ・cPTSD

・摂食障害・過食

・聴覚処理障害

 

などに対する驚くような変化のペース・効果を目撃しています


現在、SEGANモデルの本質をご体験いただけるよう

 

サウンドセラピー6週間プログラム再構成


セッション時間を増やしたところです。 

 (2022年9月時点)

 

また、

 

SEGANモデルを日本でSE, BSP, TREなどのトラウマケアセラピストへ

専門家トライアルを通じてご紹介した結果、

 

実際にSSPーSEGANモデルをセッションに取り入れて

提供を開始しておられる専門家も複数おられます

 

《SSPはトラウマケアとの併用を強く推奨されています》

 

それぞれの専門家向けのマニュアルが発表され、

ワークショップ・トレーニングも頻繁におこなわれています

SSP+SEGAN/AEDP(PYC子育てラボ)

 ー感情の成長への変容力をもとにするセラピー(AEDP)
ーiLs統合リスニングシステム<感覚統合
movement+骨導+相互性による統合セラピー: polyvagal theoryの基本

ー相互調整 co-regulationの基本をRDIから取り入れ

   

▶︎3つを融合してSSP専門家トライアル提供


 結果、日本でSSPーSEGANモデルを取り入れた専門家が増えています

SE: Somatic Experiencing ソマティックエクスペリエンシング

 SSP-SEマニュアルあり・SE向けワークショップ(Unyte-iLsサイト)あり

 日本人SEPの方で、SEGANモデル取り入れ実践開始

 SEPとの連携、並行SSPケースを複数進行中

 

IFS: Internal Family Systems therapy

 IFSトレーナー/セラピストによるSSPワークショップ(Unyte-iLsサイト)あり

 アメリカ在住のセラピストが日本語でSSP並行セラピー提供開始


TRE: Tension, Stress and Trauma Release therapy

 TREセラピストの方がSSP専門家トライアルを経験

 →連携・協働セラピー提供中


EMDR

 SSP-EMDRマニュアルあり・EMDRセラピスト向けワークショップ(Unyte-iLsサイト)あり

 日本人EMDRーBSPセラピストがSSP取り入れ

 と並行する実践開始


Brain Spotting(BST)

 多くのセラピストがSSPを並行して治療。日本でも。

 

FAP療法(日本独自の優れたトラウマケア療法)

 SSPのプロセスと並行してセラピー進行中

 

・Craniosacral Therapy

・Rolfing

・Osteopathy

など、並行で多くの成果が挙がっています。

かかりつけの主治医・主担当のセラピスト・専門家の皆様とも連携しながら
SSPを提供しています


一方、SSPをフルプログラムでサポートしながら提供するプロバイダが日本では少ないので

セラピストなど他専門家へ一部体験を提供しSEGANモデルの日本での適用結果についてシェアしています
専門家トライアルの設定も続けています)