· 

聴覚過敏改善トライアル2021

こんにちは!

発達障害専門カウンセリングルームを運営しております

臨床心理士・公認心理師 菅原です。

 

大雨がひどく、今年の梅雨はまた被害も大きいようです。お住まいのところではみなさまご無事でいらっしゃるでしょうか。。

 

聴覚過敏のために、教室やスーパーなどが苦手で行きにくくなってしまっている、など、お子さんのご様子になかなか良い対応が見つからないお話をよく耳にします。

 

本当に感覚に関わる問題には無理ができません。身体は本当に正直に辛い、とサインを出しているものを無理強いして、「何かを...させる」ということができません。

 

本当ならば、日々、学校などでお友達と過ごし楽しんでさらに元気が出るはずの集団生活などに参加しにくい場合、ご両親としてはどうしてあげたらいいのか、対処の方法が難しく悩んでおられることも多いのではないでしょうか。

 

岡山大学医学部附属病院における成人対象の臨床研究に続き、国立成育医療研究センターでも Safe & Sound Protocol™️のお子さん対象の臨床研究も完了しています。

 

当カウンセリングルームでは、この夏休み期間を利用して、Safe & Sound Protocol™️というリスニングを中心に、聴覚過敏を少しずつ楽にするという目標で、時間をかけてご家庭を中心に取り組めるよう、3ヶ月のトライアルプログラムを設定いたします。今年の夏、支援させていただく対象の方として、

  • 児童発達支援
  • 放課後デイサービス
  • 支援級
  • 特別支援学校
  • 就労支援

などの公的支援を利用しながら聴覚過敏を始めとした感覚にまつわる困りごとに取り組んでおられるご家族へ初回ご相談セッションを約30%オフといたします(初回セッション 70分 12,000円→9,000円)

 

診断名等にかかわらず、お子さんのお身体や感覚、自律神経系の動きなどのご様子に添い、初回セッション・アセスメント後はおうちでできることをメインにご提案します。

 

【特徴】

  1. 夏休みから開始して10月頃まで......ゆったり約3ヶ月の取り組みプラン
  2. ホームプログラムがメイン........ご自宅でご家族と一緒に過ごす時間が取り組みそのもの
  3. お子さんに合わせてプログラム構成......神経システムは、本当にみんな違います
  4. スマートフォンのアプリの音楽利用...... Safe & Sound Protocol, Dreampad ほかの音源はスマートフォンやipadにダウンロードして使います
  5. オンラインサポート......zoom面談やチャットなどで経過見守り・サポートします

ご予約フォームから、「ブログをみて」と記載してご連絡をお願いいたします。

 

遠方にお住まいで来談が難しい場合も、オンラインのセッションを通じて、来談の場合と遜色なくプログラムを進めていただけますので、まずはご連絡ください。

 

初回セッション時に、公的支援のご利用の状況のわかるものを確認させていただきます。