《バイオメディカル治療はこころ+からだアプローチの礎》

イオンクレンズ Ioncleanse by AMD®︎の効果が目覚ましい…

弊社では、2022年1月からアメリカの自然療法医と連携・協力し、バイオメディカル治療をサウンドセラピーと同時か先行するような形で取り入れています。

 

その一つであるイオンクレンズはバイオメディカル講座の内容実践と同時に驚くような成果をあげています。なぜか?

 

 

《脳から重金属をデトックス…身体から有害物質を排出してセラピー効果を高める》

<イオンクレンズ  Ioncleanse by AMD®︎>

 

デトックスフットバスを関東地方では初めて2022年2月から導入しています。

 

◉環境・食べ物から体内に貯留する有害物質のために生じている不調を改善します。

 

たとえば、脳に重金属が溜まっている場合ニューロフィードバックや他のセラピーの効果が芳しくない、というケースがよくあります。

 

ですが

 

日本国内で可能なキレーションは安全性が不安。。

 

そして近年多くのアメリカの医師を含む施術者たちはキレーションセラピーによるデトックスを避けています。

従来のキレーションセラピーは体にたまった毒素を剥すことにフォーカスし、剥がされた毒素を体から出す方法はサポートできないため、はがれた毒素が今度は別な臓器に付着し、症状が悪化したり新しい症状が生まれるケースが数多くレポートされているからです。そもそも体に毒素がたまっているのは、毒素を出しにくい体質にあるのが原因であるためで(便通の悩みや、遺伝的なメチレーション機能の低下など。)、強いデトックスエージェントを使い毒を剥がすだけでは本質的な解決にならないためです。

自閉症の治療について2万人以上の保護者アンケートで最も効果があった、とされたのはキレーション=デトックスなのに...

 

そこでアメリカでは、ごく普通にバイオメディカル治療と並行して重金属排出、いわゆるデトックスが小児科クリニックなどでイオンクレンズを使って行われます。

 

最先端の自閉症治療を提案し続けている医師団体 MAPSカンファレンスでも毎回イオンクレンズに関する研究報告が出されています。

 

そして、実際日本でもイオンクレンズを取り入れてみたところ、SSP 他のサウンドセラピーを並行、大人も子供も次元の違う効果をあげており、驚いています。レビューはこちらから

      

 

 

◉ウイルスの侵入・炎症・ストレス・トラウマなどで起こっている細胞危険信号をやわらげて、セラピー時間内でのSSP含むサウンドセラピーの効果・感覚の変化・発話・コミュニケーションの違いがはっきり感じられる、あるい追加するホームプログラムでも、例えばSSPの効果が明らかに違います。

 

 

《有害物質排出のしくみ》

 

Ion Cleanse by AMDは、フットバス内の水に特殊な技術によって極性を生みだし、フットバスを通してイオンを優しく体内にめぐらせます。多くの毒素(アルミニウム、カドミウム、グリホサート)は極性(+/-)を持ち、体内の細胞にくっついているため、Ion Cleanse by AMDによって生み出されたイオン(マイナス極の強い毒素にはプラス極、プラス極が強い毒素にはマイナス極)が優しく毒素を刺激し、細胞から剥がし、血液によって運ばれ、フットバス内へと流し出されます。

 

【イオンクレンズAMD動作説明】

コントローラのスクリーン上で(+)と出ている場合は、バスタブ内のアレイの+極に電流が流れます。

 

アレイの+極に電流が流れるとバスタブ内の水は反対にマイナスイオンとなります。

 

マイナスイオンは反対の極性である+極の毒素を引き出すことに役立ちます。

 

+極を持つ毒素の例

・重金属(アルミニウム、水銀、カドミウム等)

・農薬物質(グリホサート以外)

・マイトコキシン等

 

コントローラのスクリーン上で(ー)と出ている場合は、バスタブ内の

アレイのー極に電流が流れます。

 

アレイのー極に電流が流れるとバスタブ内の水は反対にプラスイオン

となります。

 

プラスイオンは反対の極性であるー極の毒素を引き出すことに

役立ちます。

 

ー極を持つ毒素の例

・バクテリアのバイオフィルム

・グリホサート

・エンドトキシン

・アンモニア

・カンジタ等

 

イオンクレンズ@ピッコロ山下公園は

 

  • オンライン24時間予約可能
  • 通常のセッション時間(70分・90分)内で体験可能
  • 6回・12回回数券あり

→体験ご予約はこちらのリンクから。

 

有害物質排出に関する研究データはこちらから(イオンクレンズジャパンサイトへ遷移します

 

 

 

 

《バイオメディカル治療とSSPは相乗効果があります》

弊社のバイオメディカル治療への取り組みは次の4つです。

 

① バイオメディカル講座の提供

  • オンライン・オンデマンド・YouTube限定配信
  • 講師:丹治ND、アメリカ・ワシントン州在住の自然療法医
  • 各60分

  ◉基礎編セミナー3回

 

   PYC会員登録時の無料特典としてご提供

 

  ◉実践編セミナー5回

 

   一般料金あり/会員料金で優遇してご提供

 

  講座・セミナーの詳細とご説明はこちらのページからご覧ください。

  

 SSPを体験あるいは取り入れる段階から、ご案内開始しています。

 

セミナーでは日本で知られていない研究結果も多く紹介されており、保護者の方からは次々と感謝の言葉をお寄せいただいております

 

まだご覧になられていない方は、ぜひ会員登録の上視聴をお勧めいたします。

本当にイオンクレンズ・コーチングと合わせて驚く効果が出ています。

 

バイオメディカル治療について、より基礎的な内容が学べる「機能性医学セミナー」もオンデマンドでご覧いただけます。講師サイトよりお問い合わせください。

 

 

② イオンクレンズセッションの提供(クリックすると専用サイトへ遷移します)

  • (通常の)イオンクレンズセッション:火〜木曜日中心
  • 放課後イオンクレンズ for kids:〜12歳向け、放課後に効率的に受けられる時間枠設定
  • 来談セッションと組み合わせて随時提供
  • 6回・12回回数券の利用時、優先予約枠提供

 

③ カウンセリングセッション内でのサポート

  • 症状の変化と栄養療法の取り組み・食生活との関わりについて聞き取り、アドバイス
  • 日本の栄養療法を経験した経過や結果、変遷について検討・補強
  • アメリカから直接取り入れた自然療法サプリメントの効果や経過お知らせ
  • セミナー担当の丹治NDのコーチング・初回相談へのご紹介

④ MAPS医師によるサプリメント提供(クリックすると専用サイトへ遷移します)

  •   在庫がある場合の頒布となり、国内送料は自己負担です
  •   こちらのサプリメントは講師サイトで症状に合わせた種類が直接購入が可能です。オンライン購入、個人輸入となります(アメリカからの送料は$300以上購入で無料)。