Safe & Sound Protocol, SSPの体験について

<SSPが効果を上げるコツ①>

Safe & Sound Protocol, SSPの体験方法は3つご準備しています👇

 

ご選択の前に

 覚えておいていただきたいこと

 

SSPが効果を上げているケースは、多くの場合

<音楽を聴く>

<からだのつながりに気づく> 

きっかけが見つかる

ということです。

 

日本耳鼻咽喉科学会の図をご参照ください。

 

音を聞く時の耳の鼓膜やつながる骨は

 

例えば

顔面神経からお顔のあちことに繋がっています。

 

お子さんの場合であれば、危機モードから解放され

感覚過敏が和らいたり

人の声を聴覚処理できるようになった結果として

 

・表情が豊かになる

・人の気持ちが受け取れる=自分の感情にも気がつける

・言葉や社会性が伸び、対人認知が伸びる準備ができる

・身体と感覚からのフィードバックを受け、感覚統合が進む

 

が報告されています。これらはポージェス博士のいう

社会交流システム」 

Social Engagement System

のつながっている先、と考えています。 

 

<SSPが効果を上げるコツ②:ほんのすこしの余裕が...>

この図で、迷走神経複合体のつながりが、例えば喉や側頭の方へも伸びていることがご覧いただけると思います

 

SSPは聴覚刺激ですが、

つながる迷走神経複合体も刺激するので

 

・咽喉・咽頭

・咀嚼筋

 

に違いが感じられることも多々あります。

 

思春期から成人の方は

「飲み込み」が楽になったり

「噛む」のが早くなり、食事のペースが上がり

食べよう、という意欲がガラッと変わったりした

例もあります。

また、逆流性胃腸炎、便秘や下痢が改善する方もいます。

 

なぜなのか?については、「サウンドセラピー導入セミナー」で詳細をご説明しています。

 

 

 

「そういえば、ここが違うかも?」

 

と小さな小さな気づきが起こるには

 

ほんの2、3分、あるいは数秒でも

「止まって感じる・考える」

タイミングがほしいのです。

 

しばらく経過すると、やはりそうだった、違ってきた

と、変化を受け取れるような余裕・準備があるだろうか…。

 

メルマガご登録していただくと、体験申し込みの前に

簡単なご相談の時間

「プレ面談(zoom20分)」もご提供しております。

 


《SSPを体験する方法は大きく3つ》

SSPプチ体験(1)エントリー面談


オンラインで

SSPをご体験いただけます

 

SSPが変化を起こす時

「ただ聞くだけではない」

色々な工夫があり、

実際に聞く前、聞いている途中の両方で

感じることや違いを伺いながら

 試していただけます。

 

ご予約はこちらから

 

 

SSPフル体験(2)ホームプログラムメインで聞く[オンライン]

サウンドセラピー体験6週間プログラム【エントリー面談+ホームプログラム/サポート+まとめ面談】

 

こちらではエントリー面談での体験後、ご自宅でアプリ利用、サポートを受けながらフルプログラム*を体験することができます。

6週プログラムの構成はこちらでご覧ください。

 

・6週プログラムを選択された場合、導入セミナーをご視聴いただき、50分2回のセラピーセッションでサポートします

・全てオンラインで行うこともできます。

・来談が可能な場合は、可能な限り全て来談がお奨めです。

 

*ご本人の体調・経過にもより、6週でまとめに至らず、継続した利用をされる方もいらっしゃいます。

初期6週間以降の料金はこちらから

SSPフル体験(3)セラピストと一緒に聴く(来談・オンライン)

体験方法(1)エントリー面談での体験検討の上で(3)の選択がおすすめです。

 

SSPセラピーセッション(70分・90分)では

 

セラピストとのやりとり・アセスメントをベースに

その場での感覚やお身体の様子に合わせ

 

  • サウンドセラピーのうち、骨導や前庭系刺激などのサポート
  • 追加ツール利用(遠隔の場合、レンタルとなり料金がかかります)
  • 感覚統合・movement 取り入れ
  • co-regulation 相互性を活かす
  • その場を共有することから、相互の神経システムの調整を使う
  • SSP-SEGANモデルのサポート追加

など、多方向からのアプローチを取り入れて進めることができます。

 

(2)6週体験プログラムよりも自由にセッションの間隔が設定できるので

セッションを織り込んだゆったりした進行が可能です。

 

  1. エントリー面談でSSPを体験後、3分程度からのリスニングが適切と判断される方
  2. ボディワーク含めメンタルヘルス領域の専門家・トラウマケアセラピストの方

 

にはこの体験方法(3)がおすすめです。

 

最初の3回のセラピーセッションで導入・モニターし、ホームプログラムと並行して

進めます。

  

▶︎会員登録の上、3回回数券(70分・90分の設定)のご購入をおすすめします。

 

▶︎回数券購入特典:SSPアプリ利用サブスク(4週間単位 3,500円、自動更新)

 

 

 

*専門家の方にはSSP専門家導入サポート【2023年新設】の設定があります

 

*SSP Core フルプログラムは70分〜90分、5〜10回セッションが基本です

(セッション内のリスニングは1日30分までが基本)

 

最初の3回のセラピーセッションで導入・モニターし、

後半はホームプログラム(自宅でのリスニング)で進めることで

効果的な導入ができます。

 

その導入のペースづくりのためには、6週間体験プログラムをお奨めいたします。