· 

免疫システムと食物過敏(逆にこだわり)

アレルギー、免疫との関係、食べ物の好き嫌い、あるいは、こだわってそればかり食べることと、行動の問題について


前にも書きましたが、改めて別のお医者さんの口からの語りを聞いてみてください。


前のブログに続けてアメリカのサイトから引用します。


出典: https://www.autism.com/tran_ja_doc5


自閉症を持つ人々は普通の人よりもアレルギーや食物過敏を起こしやすい傾向があります。これは、おそらく免疫システムに障害があるためだと思われます。以下にアレルギーと食物過敏についての短い話を記載します。


アレルギー 

アレルギーは異物に対する体の過剰反応です。異物が体の免疫システムを過剰反応させる原因になるとき、その異物は「アレルゲン」(アレルギー抗原)と呼ばれます。植物の花粉のようなアレルゲンが吸い込まれると体はそれを侵略者だと認識します。その反応として体はその侵略者を破壊しようと「免疫グロブリンE」('immunoglobulin E,もしくは IgE),と呼ばれる抗体を作り出します。さらに、その抗体は血液中や、細胞組織と好塩基性細胞(好塩基性の顆粒を含む貪食能をもつ白血球)に存在するマスト(肥満)細胞にくっつきます。免疫グロブリンEがその侵略者にくっついたとき、マスト細胞と好塩基性細胞はヒスタミンを放出します。ヒスタミンは鼻の粘膜の浮腫を引き起こし、余剰な粘液が生じます。結果、鼻のかゆみ、鼻づまり、くしゃみ、炎症、ひりひり感、目のかゆみが生じたりします。個々の免疫システムによって 異物に対する過敏性は個人差があります。


どの異物がアレルゲンであるかを特定するために、多数のテストが使用されます。皮刺テスト、血液検査、レントゲン、または鼻の内視鏡検査などです。アレルギーが関係していると思われる症状を緩和する治療法もたくさんあります。面白いことに非常に少量のアレルゲンを与えることは、アレルゲンを通常の状態だと認識するため異物に対する 過敏性を抑制する効果があります。この方法は通常、「アレルギー注射」を用いて行われます。また栄養補助食品店で舌下ドロップを購入することもできます。ビタミンCなどのビタミンや他の補助食品もアレルギー症状の緩和目的で多くの人に用いられています。 アレルギー症状はクロモリンナトリウム(スプレー式点鼻薬として投与される)や抗ヒスタミン剤で治療することもできます。これらは異物に対するアレルギーの過敏性を抑える効果はありません。また眠気、のどの乾きといった副作用が時々あります。アレルギーと関係のある症状の緩和するのに家庭でエアコンや空気浄化装置を使用する方法もあります。


食物過敏 

多くの自閉症の人が特定の食物に過敏反応があることを示す症例は増え続けています。この過敏性を増大させる最も一般的な食物は穀物(小麦、ライ麦、オーツ麦など)と乳製品(ミルク、チーズ、乳清など)です。他の食べ物では春や夏によく食べられるストロベリーや柑橘系の果物があります。食物過敏は、免疫システムがこれらの物質に対して過剰に反応するため、多くの人にアレルギーだと考えられています。食物過敏は身体的または多くの行動面の問題に関係があるようです。頭痛、胃痛、吐き気、夜尿、ぼーっとする、どもり、過度に聞き分けがなくなる、泣き続ける、睡眠障害、多動、攻撃性、音に対する敏感症、かんしゃく、疲労感、うつ状態、腸内の問題(ガス、下痢、便秘など)、足の筋肉痛、耳感染、てんかんに至る症状まで引き起こすことがあります。


食物過敏反応の結果、ときどき身体症状が現われることもあります。目の周りにピンク色や黒いくまができる、目の下がたるむ、頬や耳がピンク色になる、動悸がする、呼吸が浅くなる、耳に水がたまる(耳感染にかかった結果)、ひどく汗をかく、などです。しかし、これらの行動や体の症状は必ずしも食物過敏が理由ではなく、他の原因による症状かもしれないことを付け加えておきます。

特定の食品に対する反応は食べた直後に現れたり、36時間以内あるいはそれ以上かかって現われることもあります。また、過敏反応は通常食事の前より後に起こります。行動面の問題が 食事前に起こったら、低血糖(血糖値が減少すること)が原因かもしれません。面白いことに、私たちは過敏性を持つ食べ物そのものを強く欲することがしばしばあります。現時点では、その理由はわかりません。


特定の食物成分に対して過敏性があるかどうかを調べるのにいくつかの方法があります。一番簡単な方法は疑われる食べ物を食事から完全に除去することです。もし、その食品に過敏性があれば、いったん体のシステムからなくなると気持ちや行動面に改善が期待できます。食物過敏があるかどうかを調べるテストとしては、1,2週間ほど食事からその食品を除去し、空っぽの胃に再び与えてみることです。その食品は完全に除去されなければなりません。ほんの少しの量でも人によっては多すぎるかもしれないからです。ほとんどの場合、食物過敏反応は15分から60分以内に起こります。しかし、夜尿や耳の中に水が溜まるなどの反応は数時間後に起こるかもしれません。食物過敏を調べるためのもうひとつのテストは、その食品を4日おきに食べてみることです。もし、過敏性が存在すれば、4日ごとに過敏反応が起こるはずです。別のやり方は、食物成分の抽出物で反応を誘発した上、その成分を希釈して(薄めて)投与し、過敏反応を中和する方法です。この方法は資格を持った医師が、注射針で体内に注入するか舌下に希釈した食物を投与するなどの方法で行われます。過敏反応が見られたら、希釈抽出物の投与を中止するか反応を中和します。人によっては、希釈した食物成分を投与することでそのアレルゲン自体に対する過敏性が抑制されることがあります。


特定の食物成分に対する過敏反応をなくす最良の方法は、食事からその食品を除去することです。他の治療法としては、栄養食品を摂取して免疫システムを強める、舌下ドロップ(微量にその食物成分を含んだドロップ)を投与するなどです。

総じて言うと、アレルギーや食物過敏性は健康や行動面に影響することがありますが、これらの問題は治療可能であることを知ることが大切です。

自閉症研究所 (The Autism Research Institute)は、自閉症に対するビタミン、アレルギー、栄養補助食品を用いた治療法について書いた資料集( information packet を配布しています。

<1>5歳の女の子=聴覚過敏への対策=

今年に入ってご報告いただいた SSP体験アンケートからそのまま紹介します。

 

 

【SSP実施前】

1)SSPを使うことで改善したい症状や状態

 聴覚過敏を軽減したい。

大勢が集まる場面でイライラして癇癪を起したり、机の下にもぐったりと、落ち着いて関わることができない(保育園、自宅、出先のお店などどこでも)。

 

2)SSP実施前の1)の状況

 数値で0が全く問題ない、10が最低の状況とするとくらい

 

3)気になっている身体や感覚の状況

 聴覚処理 ・ 視覚処理 ・ 触覚 ・ 味覚や食べること  

 

4)SSPは単独の治療プログラムではなく、継続する治療の一部として行われるものです。SSPの前から、あるいはSSPに続けて少なくとも3か月の期間継続してどのような治療や介入を行いますか。

 特別なものは考えていませんでした。なるべくゆっくり関わる時間を多く持つようにしたいます。

 

 

【SSP実施後】

A) SSP後3か月程度の期間で2019年 上記の症状や状態は数値で言うとになった

 

B) SSP実施中に感じたことや使用後の変化、気になったことなど詳しく教えてください。

 兄弟がいるので、落ち着いた環境で1対1で行うのはなかなか難しかったです。ただ、そのように時間をしっかりと取って関われる機会が少なかったので、子どもには特別な機会になったようで、SSP後も時々思い出して話したりしています

 

この2か月の変化として、

  1. 苦手だった音楽教室で皆と一緒に前に出て歌を歌うことができるようになった(以前はピアノの音が苦手で前に出られなかった音楽教室では手がとても冷たくなっていましたが、最近は温かみが出てきています)。
  2. 野菜をたくさん食べられるようになった(以前は野菜全般が苦手で、形があるものは食べませんでしたが、最近はトマト以外は形があっても普通に食べられるようになりました)。
  3. 癇癪を起してもすぐに交流モードに戻れるようになった(思うようにならないと怒ることが減りました。怒って手が出てしまうことはまだありますが、話しているうちに気分を切り替えられるようになり、すぐまた一緒に遊べたり、譲ったりすることができるようになりました)。
  4. 親子仲が良くなった(以前よりもずっと甘えられるようになりました)。

といった変化がみられています。弟も誕生しているので、心境の変化もあったのかもしれませんが、SSPの効果が大きいと感じています。協調運動や運動予測(視覚)は相変わらずまだそんなにうまくはできないです。

 

C) さらに改善したいことやご質問など何でもお書きください。

 

 癇癪、行動の切り替えの悪さが改善すると良いなと思います(10段階で4程度ですが)。

 

⇨あちこちに変化が見られて本当に試して頂いて良かったです。遠方なのでスカイプ面接を経てSSP使用につなげました。この春休みからSoundsory サウンドソリのモニターに参加してくださることになっています。


<2>成人の男性=周囲の音が集中を妨げるという困りごとの対策=

SSP, Safe & Sound Protocol 実施アンケート

【SSP実施前】

1)SSPを使うことで改善したい症状や状態について

 

周りに雑音があり、近くで話している人がいると、目の前の人の話だけでなく周囲の音や声も拾ってしまう。また周囲の音が気になるため、読書や文章作成なども静かな環境でないと著しくパフォーマンスが落ちる。

 

2)SSP実施前の1)の状況: 

数値で0が全く問題ない、10が最低の状況とすると7〜8くらい

雑音の中で作業するのはかなり消耗していました。


3)気になっている身体や感覚の状況

聴覚処理 

 

【SSP実施後】

A) SSP後1か月半程度の期間で上記の症状や状態は数値で言うとになった。

 

B) SSP実施中に感じたことや使用後の変化、気になったことなど詳しく教えてください。

 

職場で以前は周りの音を拾ってしまって、集中が削がれたり、かなり意識的に集中しないと目の前の人の話に集中できなかったのが、より容易に目の前のことに集中できるようになった。

家で文書作成などの作業をしているときに、以前は家族がラジオを聞いていると、そちらに注意が向いて、文章を考えることができなかったのが、ラジオを聞き流しながら、文章作成ができるようになった。

研修に参加した際に、周りの人がいる中で、話し合いのワークがあった時、以前は周りの音を聞かないために相当の意識が必要だったが、多少は周りも気になるが、より自然に周りを気にせずに目の前に集中できるようになった。

 

C) さらに改善したいことやご質問など何でもお書きください。

 

今のところは、効果を十分に実感できています。これが時間が経過しても継続していくのか興味深いです。その他のリスニングセラピーについての興味あります。

 

⇨「ポリヴェーガル理論入門」をきっかけにSSP体験となりました。5日間でこれだけの変化があったことに驚いておられました。この方は専門職、特に心理職の方なので一層、人の声に関わる聴覚処理の変化を詳細にレポートしてくださいました。ありがとうございました!


メニューから 日本語 English のいずれかをクリックして次のページにお進みください。

 You can choose 'English' from the menu.

お問い合わせ Enquiry

自閉症スペクトラム、発達障害、ディスレクシア、感覚処理障害 などについて、できることがいろいろあります。 

 お問合わせはこちらから

    *****

You can't give up what you hope for your child!!  Ask about what we can do for ASD, ADD, ADHD, SPD, Dyslexia, Dysgraphia, Hyperacusis or other problems when children learn to grow, confident in navigating in a dynamic world.

 

For  Enquiry in English,

please e-mail to yaskosugar@yourchord.jp

Yasuko Sugawara M. Ed.  Counseling Psychology

iLs Practitioner, RDI® Certified Consultant

Certified Clinical Psychologist in Japan

遊びと社会性・対人関係力

ソーシャルシンキング Socia Thinking™をうまくASDのプログラムに適用できないか、考えていたら、この遊びのレベル分けに出会いました。

 

確かにここが4−7歳の子供たちが、集団に入ってお友達と遊べるか、の分かれ目です。いつもこの年齢のお子さんと接している保育園や幼稚園の先生方には当たり前のこと。でも、改めてレベルに分けて説明されると、なるほどーわかりやすいなあと思いました。

 

しばらく前に見たときには都内にはソーシャルシンキングの勉強会もあったようでした。2年前くらいに、シンガポールで子供の発達センター(自費)を運営している友人から教えてもらって、本も何冊か読みウェビナーも出てみました。が、結局 GPS Play Scale レベル5までをクリアして、言語で自分の考えをまとめたり人に伝えたりできるなら、ソーシャルシンキングのテキストでやれる、それ以前の人は Hanen をやれ、とのことでした。 

続きを読む 0 コメント

感覚運動の基本

感覚統合→感覚運動の取り入れには

続きを読む 0 コメント

自作ストレッチバンド

わたしのOT、感覚運動アイディアの出処その1:

 

アメリカのOTサイト(1)

Homemade Stretchy Resistance Bandです。

 

ストレッチバンドって、普通にゴム製が売られているんですね、知らなかったです。これは布製で幅があるもの、アメリカではキャンプとか療育でよくあるものらしいです。

 

子供が椅子に落ち着いて座っていられない時にもいいかも。。

 

生地はスパンデックスという名前です。2wayストレッチの生地150cm幅、2色、3mと1m買いました。ストレッチ・トンネルも作りたいのです。

 

通販(生地販売店加藤)で生地を買った昨年11月子供と引っ張りっこで相当楽しめましたが、そこからもう4か月?時間の過ぎるのが早過ぎて信じられない。。。

 

その間実家の母が脊柱管狭窄症治療のため同居するようになり、少し時間が経ちました。元々何かしていないといられない、動いていたい人なので、私が放置しているカーテン、子供のバッグその他サクサク片付け、日々の家事をすっかり肩代わりしてもらっています。ラッキー?いえいえ、急性、進行性病気の義母の転院先を調べたり電話したり走り回っているうちに神経が参り始めた私にはもう、母がいなくてはやっていけない状況なんです。

 

やっと今日は出かけないでもいい日かな?そうだ!ストレッチバンドも作って貰えばいいんだ(いい年の大人が世話をするどころか年老いた親をどこまでも働かせる。。)でも、やりがいがある方がいいんだもんね、本人もそう言っているし🌟

 

続きを読む 0 コメント