子育てブログ

Safe & Sound Protocol™️の反応マップ

こんにちは。すっかりブログをご無沙汰しております。自閉症専門カウンセリングルーム、臨床心理士の菅原です。

 

なんと7月が今日で終わってしまうのですね。湿気も多くて曇りか雨の日ばかり。。。調子がなかなか整わず、辛いですね。コロナの状況も厳しく、先が見えない感じが続きます。

 

一方、その間私は何をしていたのかというと...

 

ポリヴェーガル理論てなんなのだろう、ということについて、だいぶシンプルに伝えることができるようになりました。理論に基づき開発された Safe & Sound Protocol™️を実践するうちに、実際体験されたクライアントさんからの声を伺い、整理されてきたのです。

 

ポリヴェーガル理論が提唱する、自律神経システムが「安心」「安全」を感じるための要素は3つあります。

  • 「背景」context:環境や場面、温度、音や空気、周囲にどんな人が何人いるか...ストレスになるものはないだろうか
  • 「選択」choice:そのご本人が自分の意思で「選ぶ」こと、考えたり感じて情報が脳に伝わる前に受け取ってしまう(とポージェス博士が主張する)ニューロセプションが先にあるので、その人がここで、提案に乗れる、ここで過ごしてもいいか、嫌か、選択することができるか
  • 「つながり」:そこにいる人が何も言わないし要求もない、ただ、一緒にいるだけ、で自然つながってしまう(ワイヤレス!)のが人間「ひと」です。対面に勝るものはありませんが、Zoomでも「つながる」工夫、進んできました。

上の図は、Deb Dana によるもので、最新のSSP Digital Facilitation Certificateの研修で使われたイメージです。

続きを読む 0 コメント

小学生でも分かるSSP-ポリヴェーガル理論

自閉症専門カウンセラー菅原です。

たくさんの人にSafe &Sound Protocol を試して頂きました。そろそろ50名になるところです。これまで大人に向けてはうまく説明できていたつもりです。けれど、ちょうど高学年の小学生のお子さんにぜひSSPを、というご希望を頂き、説明していて気付きました。
ただでさえ不安が強く色々大変だからお母さんが相談しているに、お子さんにしてみたら、何このヘッドフォン?、と得体の知れないものに対する不安が払拭できていない様子。お母さんもなんだか聴いてもらえるかハラハラ。
本当に分かりやすい、お子さんにも納得のいく説明が実はできていなかったのではないか、と気づきました。
ポリヴェーガル理論をシンプルに、3つのポイントから解説します。
続きを読む

本人の地の性格が見えやすくなった

続きを読む 0 コメント

今に見ててよ!私は本当はこんなに力があるんだから

続きを読む 0 コメント

実は自閉症スペクトラムではなかった?女の子のお話

続きを読む 0 コメント