SSP専門家トライアル2022
SSP · 2022/07/17
Safe & Sound Protocol™️はPolyvagal Theoryに基づく迷走神経複合体刺激の一つの手法です。アメリカでも、子供のセラピーだけでなく学校の教室・医療・依存症治療・トラウマケア他広い領域で適用され、大きな成果を上げています。日本でも多くの効果報告があり、従来の精神療法、トラウマケアに組み入れたり、最初にSSPを取り入れることで驚くほど感覚や知覚・気づき・内受容覚が変化し、ギアの違うペースで内的プロセスが展開します。ぜひ専門家の皆様にその実践例とプロセスを体験を持ってご提供したいと思います。
SSPセミナー+体験<成人トライアル>
SSP · 2022/06/30
Safe & Sound Protocol™️の効果が多岐に渡るので、基本的なご説明をセミナーで行い、エントリー面談で個別の体験をもとにご本人に合わせた4週間のプログラムを計画します。 夏休みを利用してゆったりご体験してみてはいかがでしょうか

もう補聴器はいらない=ケース例:成人(2)=
SSP · 2022/06/22
10年来の補聴器にさよなら! お医者さんが治せなかったのに...と呟いておられました:)
わたしHSPかも?=ケース例:成人(1)=
HSP · 2022/06/13
感覚過敏がその人の感覚だけでなく感情や思考を抑制していたとしたら、Safe & Sound Protocolは扁桃体の動きを整えて、「安心・安全」を少しずつお身体が受け取れるようにしているかもしれません。成人20代女性のケース例でご紹介します。

『発達障害「グレーゾーン」』にSSPが紹介されました
SSP · 2022/06/05
精神科医、岡田尊司先生の著書『発達障害「グレーゾーン」』で Safe & Sound Protocolが紹介されていたのを発見しました!
「漢字が書けない・覚えられない」対策
「なーんか下手というかバランスが悪いんだよね」とお子さんの漢字の書き方を見て感じられることはありますか?  字が上手になるまで、高校生や社会人になる頃までかかっても問題ないです。 左右の取り違え(鏡面文字)を気にされる方も多いかもしれません。下手でもいいから覚えられれば学校では問題なく過ごせる。けれど訓練のように何回も書かせても覚えられない時、それは援助方法が合ってないのでは? 英語で言うと、字と字の間、単語と単語の間がとれない、空間認知の問題としてわかりやすい。日本語の漢字で言うと、空間が把握できないから全体と部分の関係を組み合わせて捉えられない(だからとてもバランスが悪い)状況が書字障害、漢字が書けない、と関係しているのではないでしょうか

コミ力©︎とは
家庭でできる療育 · 2022/05/21
対人関係発達支援セミナーでターゲットにしているのは「コミュニケーションがうまくなる」こと? ・誰かとあなたを比べなくていい ・あなたはユニークな、世の中に一人しかいない大事な存在 ・あなたは、あなたのままでいいのだ とわかる、伝えていく、感じられるためには、向き合う相手、誰か他の人がいないと難しい。コミュニケーションは、そこでもとても大切です。 コミュニケーションは、結果としてその人の人となり、人格を育てていることを忘れないでおきたいものです。
対人関係発達支援セミナー(第2期)=コミ力©︎セミナー開始します
家庭でできる療育 · 2022/05/20
コミュニケーションが同年代のお友達とうまく取れない、言葉のやりとり、会話が続かない、どう教えたらいいのか知りたい、などのお悩みを実際に家庭で取り組みながらセミナーで解決します

PYCとりくみ2022
コミ力©︎セミナーを含む、弊社のまるごとのとりくみの目安や構成をお知らせします。対人関係発達支援は、コミュニケーションを育てるというより、そのお子さんの人となり、どんな人なのか、人格を育てている、ということが大切な視点です
サウンドセラピー導入セミナー
Polyval Theory迷走神経複合体に関する理論に基づくSafe &Sound Protocol™️を含むサウンドセラピーをオンライン・オンデマンドのセミナーでご紹介開始しています

さらに表示する